ロムシャ、タイビルマ鉄道を建設中

ロムシャは日本の労働者を表す言葉ですが、第二次世界大戦中のインドネシアの日本占領中に強制労働者を意味するようになりました。ジャワでは、400万から1000万人のロムシャが日本軍によって働かされたと推定されています。インドネシアのロムシャは、タイ・ビルマ鉄道とプカンバルとムアロの間のプカンバル死鉄道の建設に関与しました。

 

1942年のオランダ降伏の前でさえ、日本人はJavaを主要な労働源として特定していました。当初、ロムシャは日本人のために簡単な仕事をする見返りに、良い食事、賃金、宿泊施設を約束されていました。妻や子供をキャンプに連れて行った人もいました。しかし、「彼らは自分たちが山小屋に捨てられ、疲労困drivenに追い込まれた」ことを発見し、日本と韓国の警備員に残酷にbeatられました。彼らは余分な食べ物を買うことができず、病気になり、当惑し、おびえた。仕事に志願するロムシャの数が減少するにつれて、日本人は罰の脅威に力と威usingを使い始めました。この方法を使用して、日本人は多くの余分な労働者を得ました。

鉄道のそばに座っているロムシャを解放した。 (アーガスコレクション)

ペカンバルー鉄道が1943年4月に始まったとき、ロムシャは土手、挿し木、およびつるはしとシャベル以外の何ものもなしにパスを構築するために使用されました。 1944年後半には、同盟の捕虜が住んでいたキャンプを鉄道の長さに沿って建設しました。彼らはまた、ペタイの村の近くの炭鉱で鉱夫として働いていました。

 

地元のロムシャが受けた治療は、同盟の囚人の治療よりはるかに悪かった。非常に少ない食物、マラリアと赤痢を経験し、医療へのアクセスがなかったため、病人は鉄道と一緒に死にました。

 

鉄道が進み、クアンタン渓谷に伸びたとき、日本人はダイナマイトを使用して、オランダの測量士が以前に提案したトンネルを建設するのではなく、山腹と崖のセクションを削除しました。日本人は意図的にダイナマイトを爆発させ、その間ロムシャの労働力が近くのロムシャの地滑りと崩壊した瓦を押しつぶしました。次の作業者は、ダイナマイトによって運ばれた瓦rubと、その中に閉じ込められた死んだロムシャの遺体を取り除くことを要求されました。

クアンタン渓谷の鉄道の横にある崖

鉄道で働くために送られたロムシャの数については、さまざまな報告がありますが、多くの場合、その数は120,000を超えていました。この数のうち、鉄道での作業で生き残ったのは16,000人だけで、20%に満たないと推定されています。これと比較すると、同盟の捕虜の約85%が生き残って、鉄道の完成と戦争の終わりを見ると推定されています。

戦争の終わりにロムシャを解放した

同盟の囚人の解放が戦争の終わりに始まったとき、残されたロムシャの幸福を確保するためにほとんど何もされませんでした。ロムシャ族の大半は、故郷に帰らず、スマトラ島の鉄道周辺地域に滞在したことはなかった。一部は今日まで残っています。

プカンバルーの鉄道建設記念碑

プカンバルーの鉄道建設記念碑

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon