2006年頃のアナイ渓谷の機関車

パダンとその周辺の鉄道の一部は、今日でもまだ使用されていますが、現在、路線の大部分は遺棄されています。

 

セメント列車は、Indarungのセメント工場とTeluk Bayur港の間の14 km区間で、1日24時間(1日15組まで)運行しています。

パダン信号塔

パダンパンジャンからサワルントまでの路線は、2010年3月30日火曜日にパダンの西スマトラ州の首都と隣接するパダンパンジャンを結ぶ鉄道橋をひどく損傷したアナイ渓谷の地滑りにより、パダンから隔離されました。 ルブカルンとパダンパンジャンの間が稼働中です。

アニア渓谷の橋

パダンパンジャンで整備されている機関車、2006年11月

パダンパンジャン鉄道ヤード2007年7月

2006年11月、パダンパンジャンの蒸気機関車の遺跡

パダンパンジャンからブキティンギを経由してパヤクンブまでの鉄道は、長年にわたって多くの鉄道線が建設され、遺棄されてきました。

2006年11月、パダンパンジャンからブキティンギまでの傾斜を調べる

サワルントの「ツーリストプロジェクト」の一環として、古い駅舎(1918年に建てられた)内に小さな博物館を設置し、鉄道に関する写真、模型、小物を展示しました。 博物館は2005年12月17日に発足しました

サワルント鉄道博物館2009年10月

2009年10月のツーリストライドに使用されるサワールントの蒸気機関車

SawahluntoからMuaroへの鉄道は長年使用されておらず、路線は地元の村人によって建てられています。 町への主要路線は、自然に取り戻されることです。

ムアロにつながる鉄道2009年10月

ムアロ駅2009年10月

2009年10月に家になったムアロ駅に残った馬車

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon