S.S.順陽丸 ウォルター・E・フロストによる写真

Junyo Maruは、1913年にRobert Duncan&Co.によってスコットランドに建設されました。 船はSS Ardgormとしてグリノックのラング&フルトンのために造られました。 それは1926年に日本人に販売される前にいくつかの海運会社を通過し、純洋丸と改名されました。

 

戦争中、それは捕虜輸送に変換され、日本の「地獄船」の一つになりました。 囚人を輸送するために、船には竹で作られた余分なデッキが装備され、より多くの竹を使用してケージに分割されました。 囚人も甲板に入れられた。

S.S.順陽丸の沈没

1944年9月18日、ジャワからプカンバルへの囚人の輸送中、船は「イギリスの潜水艦「トレードウィンド」に襲われ沈没した。 船は、攻撃時に約6500人の囚人、主にロムシャ(4200)を乗せていましたが、64人のオーストラリア人とイギリス人の捕虜、そしてアメリカ人(8)とオランダ人(1377)も運んでいました。 5620人の囚人が620死し、沈没は第二次世界大戦の最悪の海事災害となった。

イギリス潜水艦HMS Tradewind

この災害による被災者はわずか680人でした。 生存者はプカンバルに連れて行かれ、そこで鉄道で働くようになりました。 順陽丸の生き残った囚人のうち、鉄道の建物を生き延びたのは約100人で、終戦時に救助されました。

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon