ジョン・ヘドリー

ジョンは、1937年から1941年までマラヤで第1大隊連盟マレー国連邦保護区の技術者として奉仕したイギリスの民間ボランティアでした。 1942年。彼は捕らえられ、1942年から1945年の終戦までオランダ領東インドの捕虜となった。

リール4は、ジョンが逃げないことを約束して仮釈放文書への署名を強要されることについて話しているのを見ます。 ジョンはその後、メダンのキャンプについて、食料、労働党、戦争に関するニュースとともに話しました。 また、道路を建設するためにacehに送られた作業者に関する情報も含まれています。 最後に、彼は戦争の終わりにペカンバルとムアロの間の鉄道の結合に言及します。

John Hedley - Reel 4 - Imperial War Museum
00:00 / 00:00

リール5では、ジョンが、原爆投下後の米の配給量の増加と、戦争が終了したことを日本人から知ることについて議論しています。 ジョンはその後、鉄道に沿ってペカンバルの飛行場に戻る囚人の輸送について話し合い、そこでジョンは他の囚人とともにマウントバッテン夫人と会いました。

John Hedley - Reel 5 - Imperial War Museum
00:00 / 00:00

ジョンに関する詳細情報、および帝国戦争博物館による彼との録音の詳細については、こちらをご覧ください。(リンク)

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon