日本の地獄船

1942年5月、日本人は捕虜を海上で移送し始めました。 バターン死の行進で受けたのと同様の治療により、囚人はしばしば空気、食物、水がほとんどない貨物室に詰め込まれ、数週間続く旅に出ました。 多くは窒息、飢star、または赤痢のために死亡しました。 一部の捕虜は、熱、湿気、酸素不足という抑圧的な環境で、錯乱し、反応しなくなりました。

 

これらの船もマークされていなかったため、連合軍の潜水艦と航空機によって敵船として標的にされました。 このようにして、彼らが乗っていた輸送船が沈没したときに、20,000人以上の連合軍捕虜が海で死亡しました。

 

以下のストーリーは、ペカンバル死の鉄道で働く運命にある捕虜を運んでいる間に沈んだ2つの地獄船の物語です。

詳細については、下の[画像]をクリックしてください。

© 2019 by Farrell Family

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon